ご利用シーン コールセンターアウトソーシング

ご利用シーン3

コールセンターアウトソーシング

クライアント企業の商品やサービスに関する顧客からのお問い合わせ対応を代行する業務です。
クライアント企業の様々なニーズ(期間、人員体制、電話回線など)に即した提案が求められます。 コールセンターアウトソーシング業務における使用例として以下のものがございます。

ご使用例1

窓口業務ごとにガイダンスを変更

窓口業務ごとに時間外設定を変更したり、クライアント指定のガイダンスに入れ替えたりすることが
お客様側でいつでも行えるため、急な要請にもすぐに対応可能です。

外線着信設定画面

ご使用例2

オペレーターのスキルに応じた運営

オペレーターごとの業務知識の習得度合によって
SVや管理者の判断で、業務の割り当てを変更することができます。

スキル設定画面

ご使用例3

名乗り間違いしないためのCTI活用

着信時に各業務名称を電話機側に表示させたり、
オペレーターが応答する前にあらかじめ用意した業務名称のガイダンスを聞かせることで
名乗り間違いをしない運用が図れます。
加えてCRMと連携することで、オペレーターのPC画面上には応答前にCRM画面が表示され、
どのような顧客からの入電なのかを把握してから応答することができます。

着信時にソフトフォンで「業務名称」を表示 着信時にソフトフォンで「業務名称」を表示
応答ガイダンス設定画面 応答ガイダンス設定画面

コールセンターの外注を検討、
オペレーターやスーパーバイザーをお探しなら

コールセンター運営についてはこちら

他の《ご利用シーン》を見る

ご利用プラン

お客様のご利用目的や運用課題に応じてお選びいただけます。

クラウド版
クラウド版

オンプレミスと比較した場合、初期投資の低減とシステム運用負荷の軽減、場所にとらわれない利用ができる点がメリットです。

詳細はこちら
オンプレミス版
オンプレミス版

クラウドサービスと比較した場合、自社内に設置するので非常にセキュアな環境で利用でき、カスタマイズ性も高く、電話番号の変更が不要な点がメリットです。

詳細はこちら

ご利用者の声

Infinitalkの導入によって、お客様の問合せ用件が電話応答前に文字と声でわかるようになったおかげで、用件ごとの事前準備ができるようになり通話時間の短縮、予約の効率化を実現できた。

統計レポートを活用することで、繁忙期と通常期の受電数推移を把握できるようになったことで、オペレーターのシフトに無駄がなくなった。

他社のあふれ呼対応ツールと連携。時間外に取れなかった相手に掛け直すことで機会損失の減少に役立っている。

03-6386-0321

受付時間 平日10:00〜17:00

ご利用シーン

ご利用プラン

ご質問・デモ依頼・
見積もり依頼など お問い合わせ
簡単!月額料金の
シミュレーション 自動見積もり
twitter facebook